ほたすけと父のお出掛け日記

お出掛けが趣味の一家の記録です

映画「すずめの戸締まり」鑑賞【ネタバレ寸前】

久々に筆を取り、当日の日記として記録します。

先週水曜日に本日10時10分のシアタス調布の回で新海誠作品「すずめの戸締まり」を予約、「君の名は。」でほたすけくんがドはまりして以来、3作すべて劇場で(可能な限り公開から最速で)鑑賞することができたので、その記録です。

なお以降、直接的なネタバレはありませんが、ネタがダダ漏れする記事なっていますのでご了承ください。

 

 

正直言うと、観る前の期待は、「映像音楽で「君の名は。」を超える最高の体験をさせてくれそう」「なぜ日本を北上するのか、どこが選ばれて聖地になるのか(また行こうかな...)」「前回(天気の子)の反省から小さい子供対策はどうなっているか?(明るくなってるかな?)」ぐらいな軽い気持ちでした。もちろん事前のネタバレ記事はすべて避けて鑑賞したわけですが、まったくもって裏切られました...というか、「期待」をぶち壊す作品を目の当たりにして戸惑っているのが正直なところです。

観た後の感想の前に、まだ未鑑賞の方へのメッセージですが(すでにいろいろネットにある情報です)、「3.11東日本大震災」が題材となっており、そこに敏感に反応してしまう方は覚悟してください、心の持ちようによっては、鑑賞を続けられなくなるかもしれません(あれから10年経っているので、もうそんな方はいないという希望はありますが)。

というわけで、数行空けて上記の「戸惑っている」理由と、それを含む今現在の世間の評価感を書きます。大枠の内容にも触れますのでこれから純粋に鑑賞したいという方は、ここで読むのをやめてください。

 

 

 

今までの新海誠作品は(程度の差こそあれ)、「現実とは違う出来事」を前提に、主人公の気持ちが「ぶれながら」、様々な出来事を起こす中で表れる「示唆の連鎖」が最後のカタルシスを生む、「わかる人にはわかる」作品というのがdikの鑑賞ポイントでした。散りばめられたメッセージを探し出し、作り手の想いと巡らせて考察を愉しむことができるか。その想いの一つの要素として「東日本大震災」が出てきたのが「君の名は。」でしたが、それは直接的な描写はされず(作り手は意識したと言っていましたが)、考察のひとつにすぎませんでした。が、今回このdikの軸が見事に破壊されてしまったことが、戸惑いにつながっているようです。

現時点でのネットの感想をざっと見るに、もちろんおおむね高評価ですが、はっきりと「良い」と書かれている点はdikの鑑賞ポイントからすると本質ではなく、いつもの「画像の綺麗さ」「劇伴と主題歌」「キャラクターの魅力」(このレベルの男性キャラクターは新海誠作品でも初登場であり、これから大きな話題を呼びそうな気もします)と、今までなかった感想として「ロードムービー的な触れ合い」といった感じ。さらに今後、「君の名は。」のようなテンポの良さも高評価に加わりそうです(ただ複雑さはそれほどではないので、複数回鑑賞に堪えるかどうかは微妙ですが)。

なのですが、今回劇場で上映が終わった後、満席だった観客がほとんど何も語らず黙って劇場を後にしていく...とても「楽しい映画」を観終わった後のような感じがなかったんです。少し時間をおけばいろいろ感想を話し合えるようになるとは思うのですが、少なくとも劇場を出るくらいまで、しばらくはみんな無口になっていたような。なのでネットの総合評価が「(うん、まあ)良かったよ」であることも納得できます。

あとからいろいろ考えましたが、dikとしては、やはり「現実の出来事」を前提に、(「天気の子」の反省から?)わかりやすいストーリーを「ぶれない」キャラクターが演じ、「誰もがテーマを感じ取れる」映画であることが、新海誠作品に対して考えていた鑑賞ポイントを否定されてしまった、ということが今の戸惑いにつながっているようです。端的にそれを一つ書けば(上記に書いてますからいいですよね)、「3.11」が原因となる事件を主題としていること、それによって誰もが「全体として否定できない」空気感を生んでいるようだ、というのが、dikが本日たどり着いた感想です。

逆に言えば、今回新海誠監督は自ら、エンタメを通して、現実の悲劇を後世に記す最初の重責を担ってしまった、ということになります。「君の名は。」「天気の子」では間接的な影響であり、または連想の世界だった大震災をテーマに置いてしまった。もちろんフィクションですが、現実世界におけるプロットとしては十分あり得る話と納得してしまうこと、新海誠作品の特長であるあまりにも美しい映像と、余儀なく感情移入を促されるRADWIMPS&劇伴チームの作家性が否定を許さない。日本人、そしてあの震災を歴史にとどめておくべきと考える世界中の人に(高低含め)評価されてしまう、ある意味罪深い業をやりきってしまったのだと思い至りました。

ただ「君の名は。」以前の作品を含んで、新海誠作品のdikの評価軸である「映像美」と登場人物の(ちょっとした)言動による「示唆の連鎖」の要素は残されており(到達点に至った=詰め込みすぎの感もあり)、その意味では過去観たすべての日本語の映像作品(「君の名は。」含む新海誠作品も、もちろんそれ以外も含む)と比べて優れていると(現時点では)思っています。あと1回観て、結果を知っている余裕をもって再確認をするまでで今回の鑑賞(ある意味「感傷」)は終了(というかおそらく耐えられない)かと思います。

というわけで、新機軸を作り出したという意味では本作へのdikの評価は「君の名は。」よりも低い(「君の名は。」は以前の新海誠作品と比べてあまりにもいい方向に変わりすぎたことと、ストーリーの複雑性とテンポが最高でした)ですが「天気の子」よりは高く(=つまり全世代老若男女にお勧めできる高評価であるということ)、また新海誠監督が次回作ではどんな新機軸を出してくるかという新たな楽しみが増えた、というのが現時点での結論です。ここだけは現役世代であるほたすけくん(次はどんな作品をつくるんだろう、が漏れ聞こえた感想でした)も同意見でした。

最後に一言だけ。これはネタバレすれすれなので、数行空けて書きます。

 

 

 

マクドナルドで配っている「すずめの戸締まり」の絵本ですが、映画を観た後に読むと涙が止まらなくなります。主題とは全く関係ないですが、この作品のすべてを味わいたければ入手することをお勧めします。

新潟観光地巡り

前日にも記載した通り4時にキャンプ場で起きてしまったdik(本当はもっと早かったのですが、横になったまましばらく過ごしました)。さすがの酷暑も朝はそれなりに過ごしやすく、5時ころから一人で朝食(カップラーメンなど)をいただいてまったり過ごしてみました。

日が昇るにつれ景色もよくなったのですが、直射日光が降り注ぐサイトでほぼ無風だったのでテントの中はサウナ状態、妻も逃げ出す感じでさっさとテントを閉じて出ていくこととしました(周りも同様でした・・・火を起こしたなと思ったらさっさと消して出ていく方とか)。最近の酷暑はテント泊には厳しいようです...せめて木陰だったらと(苦笑)。

管理棟営業開始時間の9時(チェックアウトはもっと早くてもよさげでしたが)にキャンプ場を出て、目指すは新潟市中心部。回り道をして萬代橋を渡ってから、いったんマリンピア日本海に駐車して様子見。水族館は思ったよりは空いていましたがそれでも大行列でdik一家にそんな体力はなく、ポケモンGOのレイドをやって記念撮影して、サラダホープを買って帰りました。

新潟の百名城スタンプはすべて押してあり、昨日を含めて南北の観光地(村上・新発田・湯沢・魚沼・清津峡・津南・美人林・上越市などなど)はほぼ押さえているため行きたい観光地が見つからず、結局新しい新潟駅を一周し、長岡のへぎそばの「小嶋屋」さんにて遅めの昼食を食べてそそくさと帰宅することにしました。

実はこの日、ほとんど写真を撮っていません。本当に新潟市の名所って「萬代橋」しかないんでしょうか...早すぎたので関越の渋滞にひっかかりました(苦笑)。

新潟で酷暑のキャンプ

なぜか妻が夏休みの思い出を作りたいということで、スノーピークヘッドクォーターのキャンプ場を予約していました。その空気を感じ取ったのかほたすけくんもキャンプをとても楽しみにしている様子で、久しぶりにテント泊をすることとなっていました。

酷暑となったこの日、現地の予報も怪しいながら晴れ。関越から早速キャンプ場のある三条燕ICを通り越して、妻が行きたがっていた「カーブドッジワイナリー」へ直行。角田山の麓にある海岸もほど近い丘にブドウ畑とお店が点々としていました。駐車場もそれなりに賑わっていてびっくり、お昼時間を過ぎていたのでここでピザを堪能し、ぶどうジュースとドライフルーツを購入してキャンプに備えることとしました。

せっかく日本海側に来ているので近くの海水浴場で日本海の綺麗な海を眺め、弥彦山神社脇を通り抜けて、燕三条のイオンでいろいろ買い込んだうえで、予約したスノーピークのキャンプ場へ。フリーサイト予約なのに入るのが一番遅く、場所探しに苦労する罠にはまり...結局遠めのくぼ地の中という(表記上は「穴場」とのこと)場所にテントを構えました。

明るいうちにテントは建て終わりましたが、荷物を確認するとライターを持ってきていないことにここで気づくdik(泣)。仕方なく片道20分先のホームセンターでチャッカマンを買って戻り、まずは花火のイベント(管理等の横で本来禁止されている手持ち花火を自由に持ち込んめる企画)をこなし、火を起こす暇はないのでイワタニのフード付きコンロの上に鉄板を載せて、真っ暗な中を焼肉を焼いて夕食。さらに急いで終わりかけのスノーピークの「SPA HEADQUATERS」に行ってひとっぷろ浴びるといういつもの通りのバタバタ劇場(笑)。家族が三人しかおらず、実質的にキャンプの知識があるのがdikだけというのがすべての原因なのですが、やりたい二人がほぼ役に立たないのが辛いです...ほたすけくんはそれなりに手伝ってくれるようになりましたけど。

実はキャンプは今シーズン一回本番?がある想定で、今回は練習の位置づけ。が、くぼ地に建てて風がほとんどなかったためかそもそもテント泊には適さないほどの酷暑だったのか、テントの中が全く涼しくない状況に陥り暑くて寝られないかなと思ったら...結構あっさり寝られました(朝は4時に起きてしまいましたが)。やはり疲れていたようです。

旧軽井沢~万座温泉~草津温泉

最近遠出を控えていたdik一家。ようやく落ち着いたと妻がどこかへ連れていけ状態だったので、久々に山に行くチャンスと考えて万座温泉を提案。まずは朝5時起きで、旧軽銀座を目指して行くことにしました。

練馬ICから関越に乗って上信越道に廻り、松井田妙義ICで降り、ナビの指し示す旧道を無視してバイパスを駆け上り、中軽井沢側から廻りこんで旧軽銀座駐車場に10時過ぎ頃に到着。さすがに土曜の午前中、まだ空いていました。

開店前のお店もある中でフラフラするに、やはり外国人とお年寄りの観光客が少ないイメージ。いつもはショー記念礼拝堂で折り返すのですが、高原リゾートの風を感じたくて少しだけ奥まで散歩...が後の予定もあるので県境(峠の茶屋)に向かう遊歩道の入り口まで。またゆっくり来たいです。


戻って浅野屋さんでパンを買っていると、ミカドコーヒーが開いていたのでモカソフトを並んで食べて軽井沢観光は終了。ほたすけくんにハルニレテラス経由か白糸の滝経由か聞くに、やはり白糸の滝の記憶がないそうでお金を払って有料道路を登ってみることに。やはり暑い夏は滝がいいですね!

改めて今回の旅の目的地である万座温泉を目指し、浅間山が見えないのでもったいないと鬼押し出しハイウェイには入らず北軽井沢経由の国道に迂回して万座ハイウェーから登って万座温泉着が14時。宿泊の皆さまがそろそろ来てしまうと焦って、プリンスホテル日帰り温泉に駆け込みました。ここは広くて、天気も晴れたため眺めがよく、日帰りとしては良い選択でした!ちょっと熱かったですが、日本有数の硫黄分を含む温泉はほたすけくんにも印象に残ったようです。

ついでに草津も寄っておこうと、そのまま山を登り国道最高地点まで高原道路を走ってから、白根山脇で写真を撮って(例の噴火でそこかしこが立ち入り禁止でした)草津に降りてゆっくり散策。お風呂には入りませんでしたが、何度も来た湯畑から西の河原公園を往復し、ちちやの饅頭をお土産にして草津を離れ、前橋市内のハングリータイガーで爆弾ハンバーグを堪能したdik一家でした。今回のルートであれば、ほぼナビなしで行ける自分が怖いです(笑)。

 

焼肉きんぐで上級肉を堪能

ほたすけくんのテストや学校の行事が続きあまり出かけられませんでしたが、大枠終わったということで妻から依頼された「焼肉きんぐ」の予約。人気のお店なのでどうしても行きたかったそうですが、dikは最近小食、ほたすけくんも大食いではないのに大人料金、妻は野菜しか食べないと、焼肉食べ放題にまったくメリットを感じない家族なのですが...とりあえずおなかを減らしていくという約束で、世田谷のお店に行ってみることにしました。

入ってすぐ、人気の理由がよくわかりました。ランチでしたがオールタイムの焼肉スタンダードコースを店員さんに頼み、特上の肉を言われるがままパッドで頼むと、まだ切られていない状態で出てくることにびっくり。ハサミで自分で切るんですね!オーダーは基本的にパッド経由で、しまいには話題の配膳ロボット(ガスト系と同種のネコ型?)も跋扈する状態。とても効率的にできており、安く良い肉を提供できる理由がわかりました....これで小学生半額だったら確かにコスパ抜群ですよね。1年ほど前に学芸大学の焼肉屋さんにも行きましたが、その際と同様、ほたすけくんは本質的には肉が大好きのようなので満足できたようです!さすがにデザートを食べるほどお腹は空けられませんでしたけど。

 

久しぶりに家族で居酒屋へ

この日の夕食は「ダンダダン」という調布のお店にしようと提案したdik。妻とほたすけくんが大好きな作品とのコラボをしているということで、本店がある調布に行くことにしました。ほかにもピザやらお菓子屋らと様々なコラボをやっているので追いかけるほうは大変です(泣)。

何となく場所のあたりはついていた「ダンダダン」さんですが、入ると普通の居酒屋でびっくり(それも知りませんでした)。車で来ているdik一家はアルコールは妻だけですが、名物とされる餃子と「花嫁コラボメニュー」で十分おなか一杯、おまけもたくさんで大満足でした。会計でなぜかコラボメニューを2つ頼んだことになり料金が二倍になっている罠にかかりかけましたが(カモにされかけた?)、威勢のいい店員さんの声や喧噪で、良い時間を過ごせました!

あとで調べたらたまプラーザにもお店できていたんですね!知りませんでした...。

明月院へ

どうしてもアジサイ寺に行きたいと騒ぐ妻。朝早くちらっとであればと考え、再び明月院の始まる時間(を少し過ぎたあたり)を目指して自宅を出たdik一家でした。

いつもの大船駅北鎌倉駅の間の駐車場にRAV4くんを停め、北鎌倉駅まで平地でアプローチ。横須賀線の踏切を渡ると歩道がない道に出るため、また踏切を渡りなおして細い道を歩くと、なんと北鎌倉駅のすぐ横でトンネルが崩落の危険のため通行禁止(泣)。本来であれば大通りに戻るのですが、なぜか階段を上って円覚寺方面に歩くと...気づくと円覚寺の有料エリアに出てしまったdik一家(それらしき標識はあったのですが、よくわからずそのまま来てしまいました)。以前妻が誰かのライブに来たこともあり、観光は済だったのでそのまま退出させていただきましたが、昇り降りも含めて相当な遠回りをしました(泣)。

開園30分がたったころでちょうどよいと思っていたのですが、明月院は甘くはありませんでした。前回行ったときの半分くらいの行列で、中の混乱はそれほどでもなく快適に見られた気がしますが、奥の庭の特別開園の入り待ち行列が分かりづらくすぐに横から割り込まれてしまう罠。でも不満はそのくらいで、ほぼ全域が青~紫で統一された紫陽花寺、ほかに行く気もなくなるくらい堪能できました!


ちなみに帰りは北鎌倉の駅近くまで行列が伸びており、朝行って良かったと再認識。この時期に明月院に行く際には大行列は覚悟しましょう(泣)。もちろん鎌倉市街へ向かう道は全く動かない大渋滞状態でした。dikの停めた大船駅周辺は渋滞は一切ないので、快適に往復できて良かったです(長年の鎌倉訪問の経験が生きます(笑))。

帰りにセンター北のゲームセンターに寄って、なぜか「MAN WITH A MISSION」の「ジャンケンジョニー」さんのぬいぐるみをゲットしたほたすけくん。以降居間の中心に陣取っております(笑)。