ほたすけと父のお出掛け日記

お出掛けが趣味の一家の記録です

映画「バブル」鑑賞

今週来週はdik一家にとって映画鑑賞の週末...と考えていました。「シン・ゴジラ」が好きなほたすけくんなのでおそらく「シン・ウルトラマン」も観たいだろうと勝手に想像して家族に持ち掛けると、なんと「バブル」を観たいと意外な反応。そっちは翌週dikが一人で見る予定だったのに、ということで土曜日調布の一回目を予約した次第です。

8時にシアタスに到着し、箱に比べてガラガラの劇場にて、前評判があまりにも悪い作品をゆっくり鑑賞したdik一家。正直、そんなに悪くは思えませんでした。でdikはどうしたかというと...、評判の悪い理由としてネットで挙げられている「ストーリー性のなさ」の理由を確かめるべく、ノベライズ小説を週末に一気読みしました。

結果、ストーリーの本筋も決して納得感の高い物語ではない(これはdik的には「まどマギ」も同様で、テーマが先にあって話をつくりあげた感があります)と感じますが、映画はそこから更に説明部分を排除しており、核心であっても明確に表現されていないことが判明。真の目的を知ると、少しは評価も変わるのでは?と思います。興味ある方は映画観たあとでもいいので、一読ください。(あまり言いたくないですが、せめて核心を語るクライマックス章だけでも)

でdik自身の評価はというと、そもそも「考えるな、感じろ」タイプの映画が好きなので4点/5点満点くらい。マイナスの1点はやっぱり絵の質が途中で変わる少女漫画タイプの表現で、正直生理的に受け付けませんでした。アクションも進撃の巨人の立体起動ほどではなく(飛び道具がないのであまり遊びがないように感じられました)、ただただ最新の3D映像美の印象が大きかった感じです。役者さんの演技や音楽についてはこの興業並みのクオリティで問題ないと感じました。

そのうえで小説を重ね合わせれば、テーマとしての完成度も高いと思います。映画では省かれたとはいえ、「天気の子」からさらに踏み込んだテーマ性を感じ、そのあたりは社会風刺に近い意味合いも。ここは「見る人が見れば評価してくれる」という作り手の意図も感じます。

ですが何分興行につながっていない様子。まだまだ分かりませんが、初週ヒットできなかった要素は「配信先行公開」と「ストーリーの薄さ(設定詰め込みすぎ)」の二点と考えます。映画興行寄りの方やNETFLIXの波の乗れていない方(dik含む)はやっぱり少なからず反感(ネガティブイメージ)を覚えると思うんですよね...資本が入っているので仕方ないですけど、せめて同時公開で良かったかと。

あとの「設定詰め込みすぎ」ですが、登場人物が多い割にはほとんど深堀できておらず、「もったいない」という印象を持たれてしまったかと。脇を固めるキャラクターが魅力的過ぎたということの裏返しだと思います。dikとしてはストーリーはこのままでTVアニメ化してもよいと思いました(今更難しいでしょうが)。

まとめると、せっかくいい佳作なので、フラットなスタンスで一度は映画館で観てみてほしい作品です。dik同様の「感じろ」というタイプの方と、細かい説明は不要で行間を埋めるのが好きな方には、意外とはまる、かもしれません。(某評価サイトでも平均は2点くらいなのに、評価5満点も多いですしね)

ちなみにこの日は映画終了後にすぐに調布を出て、来週観る予定の映画のムビチケ特典を探してなぜか海老名(車を停めたのはイオン)からテラスモール湘南(ここで小説ゲット)を廻ってみました(って予告で知ったらって今行動起こししてももう「ない」ですよね(苦笑))。さらに帰りにいつもの七里ガ浜の珊瑚礁に行こうとしたら大混雑、奥の「メイン」というレストランに寄ったら先日閉店(!)と残念な目にあい、国道1号のロイホで遅めの夕食となりました。どこかで有名人がおっしゃってましたが、朝一で映画を見ると一日が有効に使えるような気がします(笑)。

大井町散策

GW最終日、明日からの英気を養うためにほたすけくんは自宅で静養。もちろん買い物はしないといけないのでと、妻からまた都内の新しいところを指定され、選んだのは大井町イトーヨーカドー。駐車場が狭いので避けていたのですが、そういえば戸越あたりから新しいトンネルができているはず、と中原街道経由で向かってみました。

以前戸越銀座を訪問した際に、ほぼ完成している状態を確認(大井町線からもちらっと見えます)できたのですが、JR横須賀線アンダーパス側もあわせ昨年10月に開通していました!通過する車はそれほど多くなさそうですが、細い道と踏切でしかアクセスできなかった二つの町がつながって大きな変化が起こっているのでは?と感じます(正直、大井町周辺と戸越銀座では客層が違うような気がします・・・)。

大井町は実際には何度か家族でも来ているのですが、「永楽」というラーメン屋に行きたいとのことで、昔dikが大井町駅から品川に向かって歩き始めた場所にある昭和な商店街の人気店まで案内。15時過ぎでも待ち行列ができていて(そのあとはなくなった?)黒いラーメンは絶品でした!

 

3年ぶりの河原飲み

この日はこどもの日ですが、敢えて恒例の多摩川飲みをやることにしていました。本当は連休前半で実施していたのですが一人が都合が悪いとのことで。みんな子供も大きくなっているので良いのではないかと(笑)。

コロナで中断していたため、3年ぶりの開催。南多摩駅から歩ける武蔵野貨物線多摩川を渡る橋のたもとに行ってみると、なんと工事中で立ち入り禁止!仕方なく多摩川を渡って右岸の川べりでシートを引いてゆっくりすることになりました。天気も良く風も心地よく、近くにちょっとした池がある素晴らしい環境でdikは15時ころまでお邪魔しました!久々にいろいろな話ができてよかったです。

ちなみに往復は新百合ヶ丘から稲城市立病院行きのバス。ゆったりと過ごせるので好きな路線です(笑)。

立川立飛~昭島

先日のフェス参加を経て、どうもほたすけくんがアウトドア用の帽子が欲しいと言い出した模様。アウトドアブランド指定とのことだったので、この日少し遠出しながら探すことにしました。ノースフェイスの直営店があり少し遠出できるところということで、南大沢は結構な頻度で行っているので回避し、立川立飛に行こうとなりました。

ナビ指定の回り道をしながら、北から回り込む形でららぽーと立川立飛に到着。と(dikは知っていたのですが)桃太郎電鉄のスタンプラリーがやっている!ということで巡りながら回転寿司も食べ、最後にノースフェイスへ。が、希望の色・サイズの帽子がなく、店員さんに聞くに海老名と溝の口にあるとのこと。マツキヨで少し買い物をしてそそくさと立川を後にするdik一家でした。

立川駅付近の渋滞に巻き込まれている間に、先ほど店員に聞いたのは神奈川県内ということに妻が気づき、調べるとどうもすぐそこの昭島にありそう!ということで、ダメもとで行き先を切り替えて夕方のモリパークに向かうと、見事にありました!むかしほたすけくんが一人でカヌー体験をした池も残っており(今は屋内の別の施設でやってるんですね)、ちょっと懐かしかったです。本人も微かに覚えているそうで。

 

祖師ヶ谷大蔵散策

GWの中休みのこの日、dikももちろんお休み。前々から妻が行きたがっていた「祖師谷大蔵」。仕事で立ち寄ったことはあったのですが、この日平日がチャンスとのことで、成城学園前に車を停めて歩いて行ってみることとしました。祖師ヶ谷大蔵には車を停められる商業施設はなさそうだったので。

コルティの駐車場にRAV4くんを停め、一駅散歩。10分くらい線路沿いに歩くとあっさり着き、お目当ての「キッチンマカベ」さんにて遅めのランチ。1組待ちで入り、ポークソテーが名物とのことでしたがお試しの気分だったので焼肉定食を堪能。一般の定食屋さんに比べると少し高いですが、味はとてもおいしかったです。やはり女性に人気があるんですかね・・・?

駅前には立ち寄らず成城学園前に戻る形だったのですが、見上げるとウルトラマンの旗が・・・いやこれ映画の宣伝ですね(笑)。ほたすけくんと一緒に来たら、駅前のウルトラマン像を紹介したいと思います。

 

盛岡手づくり村~小岩井農場~九戸城~根城~ホテル青森屋

ホテル「紫苑」で迎えた三連休旅行の二日目。昨日も疲れもあって、朝食をゆっくり食べて、「シオン」像(タイムリーに「アイの歌を聞かせて」の主人公と同名で気になってました(苦笑))を撮影してから出発しました。

この旅行の一つの妻のミッションが、本場の南部鉄器を実家に買って帰ること。つむぎ温泉の対岸に「盛岡手づくり村」という施設があり、「くんざん」さんで実家用を購入。ちなみに我が家用は岩鋳の定番のものを購入しました(価格差三倍)。

小岩井農場が近そうなので向かってみると、この日は特別営業!ということでスルー(お金&時間がかかりそう)し一本桜へ。駐車場がなく(少しスペースありましたが)岩手山も見えませんでしたが、それらしき写真は撮れました!

盛岡ICに戻って、この日はお城を二城制覇しないといけないとのことで、まずは九戸城へ。一戸ICで降りて一般道を20分、まずはスタンプを押そうと指定の場所に行くと、コロナワクチン会場となっていて正面玄関はその時間まで閉鎖されている模様(泣)。結局電話して、裏から入るルートを教えてもらってスタンプを押せました。展示はしっかりしていたのですが、これでは誰も来れないですよね。ちなみに実際の城跡は大雪原となっていて立ち寄れる状態ではありませんでした(入り口で写真だけ)。

一戸ICに戻ってあとは根城へ。八戸IC近くに広大な公園らしき施設があり、奥に絶賛除雪作業中の駐車場発見。観光施設として整備されていましたが、大雪のためか人も少なく、ゆっくり観光できました!八戸は季節を変えてまた来たいです。

あとは全国的に有名な星野リゾート「ホテル青森屋」に向かうのみ。まだ新幹線も止まっているのでお客様も少ないだろうと思ったら、関東ナンバーの方ですでにいっぱい(単に到着が遅かった)!飛行機に変えても来たい素晴らしい施設ということですね。

疲れて到着してもやることが盛りだくさんで、ストーブ馬車(予約必要で乗れませんでした)の馬との撮影から、池でねぶたのライトアップをするとのことで明るいうちに下見してから夕食バイキング。ねぶたライトアップを見に行ってから温泉で同じくねぶたライトアップの見る感じで大忙し。昨晩とは別格のホテルなので、とても居心地が良かったです。

中尊寺~イギリス海岸~盛岡城

三連休は妻が東北方面で宿をとっており、RAV4くんで大観光をするつもりでした。が、なんと数日前に宮城県の大地震が起こり東北新幹線が運行停止。dikは東北道が通ったら、と考えていたらあっさり再開していたので行くことになってしまいました。

前日も余震があった一関を目指し東北道を北上するdik一家。ちょうど東北自動車道に亀裂が入ったあたりで、新幹線も脱線していたんですね(目視しました)。妻が怖がるのでそのまま宮城県中央部を突っ切って、中尊寺に向かおうとすると...なんと(地震ではなく)雪のため通行止めのため一関出口が大渋滞の罠(泣)。1時間くらいロスしました。

結局出口にたどり着いたところで開通したということでUターンして本道に戻って(おそらく二台目)、中尊寺になんとか午前中に到着。地震が起きたばかりでしたが問題なく営業中で、ほたすけくんに金色堂を初めて見せることができました!

電車の来ない平泉駅前の蕎麦屋さんで遅めのランチを食べ、一般道をたどって北へ。もう一か所くらい寄れるかなと花巻市街に入り、「イギリス海岸」へ。って、どう見てもほかの宮沢賢治関連の施設に行ったほうが良かったと思える残念観光地でした(水が引かないとイギリス海岸らしさはなく、流量が増えたのでもう滅多にお目にかかれないそうです)。

なんとか一つでも宮沢賢治感を感じたく、「宮沢賢治童話館」という場所に立ち寄ってみるも、正直畑はないし碑もないし像もない・・・選択を誤りました(妻が行きたがっていたのでそれだけは良かったかも)。

夕方になってきてしまったので、盛岡城を目指し一気に東北道を北上、夕方の盛岡城地下にRAV4くんを停め、ギリギリセーフでスタンプゲット。ついでにぐるっと一周してみました。いわゆる都市型公園ですね...天気が良ければ岩手山が良く見えそうでした。

暗くなってきたところで、この日の観光は終了。盛岡市街から20分ほどで、つむぎ温泉の「紫苑」という宿に17時半ころに到着しました。いろいろありましたが最低限の観光はしつつ無事宿にたどり着けて良かったです。